復活とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

復活

「復活を遂げる」などのように使う「復活」という言葉。

「復活」は、音読みで「ふっかつ」と読みます。

「復活」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「復活」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

復活の意味

「復活」には次の二つの意味があります。

1 死んだものが生き返ること。よみがえること。
2 いったん廃止したものなどを再びもとの状態に戻すこと。また、消失したものが、再びもとの状態に戻ること。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

復活の意味①「死んだものが生き返ること。よみがえること。」

「復活」の一つ目の意味は「死んだものが生き返ること。よみがえること。」です。

上記の意味の如く、この世に死んだものが蘇生することを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だから復活のイエスがまず弟子達にあらわれたのは全く当然なのである。
(出典:八木誠一『キリストとイエス―聖書をどう読むか』)

・と言っても、私がハイドを復活させようなどと夢にも思ったのではない。
(出典:スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』)

・その白骨になっていた父親が、こんな形で地獄から復活してきたというのか。
(出典:吉村達也『ついてくる』)

・死から復活するために半日近く寝たりしたので、すっかり忘れていた。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 4 英雄と王』)

類語

蘇生(そせい)
意味:息をふきかえすこと。生き返ること。よみがえること。(出典:デジタル大辞泉)

蘇る(よみがえる)
意味:死んだもの、死にかけたものが生きかえる。(出典:デジタル大辞泉)

生き返る(いきかえる)
意味:いったん死にかけていたものが息を吹きかえす。(出典:デジタル大辞泉)

息を吹き返す(いきをふきかえす)
意味:生き返る。(出典:デジタル大辞泉)

復活の意味②「いったん廃止したものなどを再びもとの状態に戻すこと。また、消失したものが、再びもとの状態に戻ること。」

「復活」の二つ目の意味は「いったん廃止したものなどを再びもとの状態に戻すこと。また、消失したものが、再びもとの状態に戻ること。」です。

上記の意味の如く、一回廃止、無くなったものが元通りになることを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・生きてるうちに三校対抗試合の復活を見られるとは、思わんかったぞ!
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 4 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』)

・衰退していた旧宿場を復活させるために鉄道の駅の設置を陳情していた。
(出典:宮原安春『軽井沢物語』)

・ファッションが復活したことは、地上に固着した生活の必然ともいえた。
(出典:ジェイムズ・ブリッシュ『宇宙都市シリーズ(全4巻) 4 時の凱歌』)

・母后より咎められ矯正したのだが、最近また復活してしまったのである。
(出典:ヤマグチノボル『ゼロの使い魔9〈双月の舞踏会〉』)

類語

回復(かいふく)
意味:一度失ったものを取り返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

再興(さいこう)
意味:衰えたり、滅びたりしていたものが、ふたたび興ること。また、それを興すこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

復興(ふっこう)
意味:いったん衰えたものが、再びもとの盛んな状態に返ること。また、盛んにすること。(出典:デジタル大辞泉)

起死回生(きしかいせい)
意味:滅びかけているものや絶望的な状態のものを、立ち直らせること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました