スポンサーリンク

強化とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

強化

「軍を強化する」などのように使う「強化」という言葉。

「強化」は、音読みで「きょうか」と読みます。

「強化」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「強化」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

強化の意味

「強化」には次の意味があります。

強くすること。さらに強くすること。(出典:デジタル大辞泉)

強化は「何かを以前より強くすること」を指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・またこの救済効果は時とともに朧げに現れた習慣性によって強化された。
(出典:ラヴクラフト・ハワード・フィリップス『時間からの影』)

・特に例のおばさんは、わたしたちの主張をより強化して展開してくれた。
(出典:小川一水『グレイ・チェンバー』)

・そしていち早く手を付けたのがこの二つの放送設備の更新強化策だった。
(出典:中村正『元首の謀叛』)

・現場工事の中で、最も遅れているのは、第二船台の拡張強化工事だった。
(出典:吉村昭『戦艦武蔵』)

・結界を強化させていた者がいる ようだが、一時しのぎにしかならない。
(出典:冴木忍『カイルロッドの苦難 7 微笑みはかろやかに』)

類語

・補強(ほきょう)
意味:足りないところや弱い部分を補って強くすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・増強(ぞうきょう)
意味:人員、設備などをふやし、強化すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・パワーアップ
意味:力を増すこと。より力をつけること。(出典:デジタル大辞泉)

・向上(こうじょう)
意味:よりよい方向、すぐれた状態に向かうこと。進歩。(出典:デジタル大辞泉)

・鍛錬(たんれん)
意味:きびしい訓練や修養を積んで、技芸や心身を強くきたえること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました