スポンサーリンク

布施とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

布施


「お布施をする」などのように使う「布施」という言葉。

「布施」は、音読みで「ふせ」と読みます。

「布施」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「布施」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

布施の意味

「布施」には次の意味があります。

六波羅蜜の一つ。施しをすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

現在では、僧や寺院に寄進するものを「布施」という場合が多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いやしくも、布施が人間の魂の向上になり、この世の仏国土建設のためになるならば、それなりの条件が何かあるはずです。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』下巻)

・人に愛を与えるということが具体化していく段階で、この布施の考え方が出てきます。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』下巻)

・「愛」とは、「与える愛」であり、仏教の「慈悲」と「布施」の精神にその根拠を持つ。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』上巻)

・町の者へたくさんな布施をとらせて、その子たちの養育をそれぞれ頼んだ。
(出典:吉川英治『日本名婦伝』)

・善行善意を心掛けると善い相になります。されば仏経には、布施は美の原であるといふやうに説いてあります。
(出典:幸田露伴『運命は切り開くもの』)

類語

法施(ほうせ)
意味: 人に仏法を説いて聞かせること。(出典:デジタル大辞泉)

財施(ざいせ)
意味:僧侶や貧者などに金品を施し与えること。(出典:デジタル大辞泉)

無畏施(むいせ)
意味:衆生の畏怖心をとりのぞくこと。厄難から救っておそれのない状態におくこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

慈愛(じあい)
意味:親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情。(出典:デジタル大辞泉)

仁愛(じんあい)
意味:思いやり深くめぐみをかけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました