就任とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

就任

「新しく監督に就任した」などのように使う「就任」という言葉。

「就任」は、音読みで「しゅうにん」と読みます。

「就任」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「就任」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

就任の意味

「就任」には次の意味があります。

ある任務・職務につくこと。(出典:デジタル大辞泉)

「就任」は「ある任務や職務に新たに就くこと」を意味する言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・近衛騎士隊隊長就任は、決心がついてからお願いすることにしましょう。
(出典:ヤマグチノボル『ゼロの使い魔9〈双月の舞踏会〉』)

・社長をはじめトップたちにも、きみの就任をあやぶんで反対した者が多い。
(出典:森村誠一『科学的管理法殺人事件』)

・ここで重要なのは、日高が就任にあたり一つ条件を示したことである。
(出典:草野厚『証券恐慌――山一事件と日銀特融』)

・課長就任の年少記録を作った当時の勢いが嘘のようになくなっていた。
(出典:半村良『魔女伝説』)

・現在の情報部部長は、かつてそのポストに就任したものの中で最も若い。
(出典:津守時生『喪神の碑番外編 オセロ・ゲーム (The Beans 1)』)

スポンサーリンク

類語

就役しゅうえき
意味:役務・苦役などにつくこと。(出典:デジタル大辞泉)

着任ちゃくにん
意味:新しい任地に到着すること。また、新しい任務につくこと。(出典:)

任官にんかん
意味:官に任じられること。官職に就くこと。(出典:デジタル大辞泉)

イニエーションinitiation
意味:ある集団や社会で、正式な成員として承認されること。(出典:デジタル大辞泉)

発足はっそく
意味:組織や機構などが設けられ、活動を始めること。はっそく。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました