寛解とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

寛解

「病気の寛解」などのように使う「寛解」という言葉。

「寛解」は、音読みで「かんかい」と読みます。

「寛解」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「寛解」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

寛解の意味

「寛解」には次の意味があります。

病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態。(出典:デジタル大辞泉)

病気が良くなった状態であり、完治とは異なります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

寛解するか分裂するかは誰にもわからないのよ。
(出典:池上永一『レキオス』)

・休憩の時間を残しながら席に帰った私は、すいた会場のなかに残っている女の人の顔などをぼんやり見たりしながら、心がやっと少しずつ寛解して来たのを覚えていた。
(出典:梶井基次郎『器楽的幻覚』)

・精神分析の使命は「真相の究明」ではなく、「症候の寛解」だからです。
(出典:内田樹『寝ながら学べる構造主義』)

・症状が寛解した患者を退院させようとすると、身寄りの者が引き取りを渋る場合がしばしばある。
(出典:多島斗志之『症例A』)

・数年間、悪化と寛解の波をくぐるなかで、及川氏の症状は根をおろして沈潜し、固定してしまった。
(出典:多島斗志之『症例A』)

類語

改善かいぜん
意味:物事の悪い面を改めてよくすること。よい方向へ改めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

緩和かんわ
意味:厳しさや激しさの程度を和らげること。また、和らぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

緩解かんかい
意味:ゆるんでもどること。病気や疼痛の症状の度合が軽くなること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

軽減けいげん
意味:負担・苦痛などを減らして軽くすること。また、減って軽くなること。(出典:デジタル大辞泉)

鎮めしずめ
意味:治めて落ち着かせること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました