客観的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

客観的

「客観的立場」などのように使う「客観的」という言葉。

「客観的」は、音読みで「きゃっかんてき」と読みます。

「客観的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「客観的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

客観的の意味

「客観的」には次の意味があります。

主観または主体を離れて独立に存在するさま(出典:デジタル大辞泉)

立場にとらわれずに公平に物事を感じる様の事を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それは以上の出発と結果とを客観的な存在へ応用することに外ならない。
(出典:戸坂潤『範疇としての空間に就いて』)

・我々は客観的になればなるだけ物の真相をますます能く知る事が出来る。
(出典:倉田百三『愛と認識との出発』)

・これはどこまでも客観的な世界で、誰が見ても同じものなのだと告げる。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 下』)

・人を行動に促してゆくものはあのような客観的情勢とやらではないのだ。
(出典:高野悦子『二十歳の原点』)

・わたしたちはここでもやっぱり客観的でなくてはいけないと思います。
(出典:宮本百合子『新しい抵抗について』)

類語

中正(ちゅうせい)
意味:かたよらず、公正であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

公正(こうせい)
意味:公平で偏っていないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

至高(しこう)
意味:きわめて公平なこと。少しもえこひいきのないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

公平(こうへい)
意味:すべてのものを同じように扱うこと。判断や処理などが、かたよっていないこと。(出典:デジタル大辞泉)

平等(びょうどう)
意味:かたよりや差別がなく、みな等しいこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました