宇宙とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

宇宙

「宇宙空間」などのように使う「宇宙」という言葉。

「宇宙」は、音読みで「うちゅう」と読みます。

「宇宙」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「宇宙」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

宇宙の意味

「宇宙」には次の意味があります。

あらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり。(出典:デジタル大辞泉)

「宇宙」は、哲学用語や物理学用語としても使いますが、一般的には天文学用語で「あらゆる天体の存在する空間」という意味で使うことが多いです。
「宇宙」という言葉は漢語が由来であり、中国の古典である「淮南子(えなんじ)」に「宇宙、住古来今」とあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この広い大宇宙のなかで、地球にだけ生命が住んでいるなどということはありえない話です。
(出典:大川隆法『秘密の法』)

・その力が宇宙的のものであるということをわれわれが感ずるのであります。
(出典:倉田百三『生活と一枚の宗教』)

・私が「UFOや宇宙人等も来ている」という話をすれば、百数十か国に広がるということです。
(出典:大川隆法『秘密の法』)

・人はそれによって宇宙の秩序を維持している神の存在に気づくのです。
(出典:永井隆『ロザリオの鎖』)

・他の宇宙に、人類型のものが住んでいる可能性はないとは言えない。
(出典:大川隆法『秘密の法』)

スポンサーリンク

類語

天地(てんち)
意味:宇宙。世界。世の中。(出典:デジタル大辞泉)

万物(ばんぶつ)
意味:あらゆるもの。宇宙に存在するすべてのもの。(出典:デジタル大辞泉)

森羅万象(しんらばんしょう)
意味:この宇宙に存在する全部ということである。(出典:新語時事用語辞典)

六合(りくごう)
意味:天地と四方。上下四方。また、天下。世界。全宇宙。(出典:デジタル大辞泉)

万有(ばんゆう)
意味:宇宙に存在するすべての物。万物。万象。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました