スポンサーリンク

媚態とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

媚態

「媚態をしめす」などのように使う「媚態」という言葉。

「媚態」は、音読みで「びたい」と読みます。

「媚態」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「媚態」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

媚態の意味

「媚態」には次の意味があります。

男にこびるなまめかしい女の態度。また、人にこびへつらい取り入ろうとする態度。(出典:デジタル大辞泉)

「相手の気を引いたり機嫌を取ろうとしたりするための媚びた振る舞い」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そんな書き方が男への何にもました媚態になるということも意識していない。
(出典:瀬戸内晴美『美は乱調にあり』)

・影村のその行為は、別の面から見ると、上役に対する一種の媚態であった。
(出典:新田次郎『孤高の人』)

・彼女は美貌の持ち主であり、さらに独特の媚態を演出することができたという。
(出典:阿辻哲次『漢字のなりたち物語』)

・いきなり貴子から媚態を見せつけられて、さすがに春隆は辟易していた。
(出典:織田作之助『土曜夫人』)

・敗戦国民としての意識も、ここに作用しているであろうが、外国人への媚態を私は警戒したいと思う。
(出典:亀井勝一郎『青春論』)

類語

嬌態(きょうたい)
意味:女性の、こびを含んだなまめかしい振る舞いや態度。(出典:デジタル大辞泉)

媚(こび)
意味:人の顔色をうかがって、気に入るようにふるまうこと。また、女の美しく色っぽいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

コケットリー
意味:女性が見せる、なまめかしい物腰。媚(こび)。(出典:デジタル大辞泉)

阿る(おもねる)
意味:人の気に入るように振る舞う。へつらう。(出典:デジタル大辞泉)

歓心を買う(かんしんをかう)
意味:人の気に入るようにつとめる。人の機嫌をとる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました