奇々怪々とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

奇々怪々

「奇々怪々な現象」などのように使う「奇々怪々」という言葉。

「奇々怪々」は、音読みで「ききかいかい」と読みます。

「奇々怪々」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「奇々怪々」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

奇々怪々の意味

「奇々怪々」には次の意味があります。

・きわめて奇怪なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

人の理解を超える状況に遭遇した際や、不思議なことに遭遇した時に用いる言葉です。
「奇」「怪」がそれぞれ2つ使用されているので、不思議で怪しい様子が強調されています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・今では 脳天に二十もの致命傷を受けながら、きやつらはまた立ち上がる、 そしてわれわれを椅子から押しのける。かかる殺しもさることながら、 これはまた実に奇々怪々と言うべきだ。
(出典:シェイクスピア/大山俊一訳『マクベス』)

・何よりも理解しがたいのは、同一人物とは思えない豹変ぶりの奇々怪々
(出典:森瑤子『非常識の美学』)

・すでに私は、ホームズの調査に対し並々ならぬ興味を抱いていた。これまで記録した二つの事件のように、奇々怪々たる特徴があるわけではない。事件の性質や依頼人の身分の高さに、独特のものを感じるのだ。
(出典:ドイル・アーサー・コナン『ボヘミアの醜聞』)

・ということは、奇々怪々な夢を見ているというわけではない。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 3 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)

・いよいよ出でていよいよ奇々怪々な世の中になって来た。
(出典:山田風太郎『戦中派不戦日記』)

類語

・神秘(しんぴ)
意味:人間の知恵では計り知れない不思議なこと。普通の認識や理論を超えたこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・神妙(しんみょう)
意味: 人知を超えた不思議なこと。(出典:デジタル大辞泉)

・奇跡(きせき)
意味:常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象。(出典:デジタル大辞泉)

・摩訶不思議(まかふしぎ)
意味:非常に不思議なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・奇妙(きみょう)
意味:珍しく、不思議なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました