天然とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

天然

「天然な味」などのように使う「天然」という言葉。

「天然」は、音読みで「てんねん」と読みます。

「天然」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「天然」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

天然の意味

「天然」には次の意味があります。

人為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「人工」の対義語であり、人の手が加えられていない自然物を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人が天然と仲がよくなるのも、本当にそれだけの理由があったのである。
(出典:柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』)

天然自然に石の門となったところがあり、石の橋となったところがある。
(出典:山田風太郎『八犬傳(下)』)

・他では絶対に手に入らない天然のコーヒー豆も老人の店には並んでいた。
(出典:桜坂洋『All You Need Is Kill』)

・穴の縁ふちからこの天然の井戸の深い底に水がしたたり落ちる音が聞こえた。
(出典:バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』)

・純粋の第四系列の物質は重量も質量ももたない。しかし、天然に発見されるこれらの結晶は完全に純粋ということはない。
(出典:E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』)

類語

野生やせい
意味:動植物が自然に山野で生育すること。(出典:デジタル大辞泉)

未開拓みかいたく
意味:土地がまだ開拓されていないこと。また、そのさま。未開。(出典:デジタル大辞泉)

自然しぜん
意味:人間の手の加わらない、そのもの本来のありのままの状態。天然。(出典:デジタル大辞泉)

野性やせい
意味:自然または本能のままの性質。また、粗野な性質。(出典:デジタル大辞泉)

自然生じねんじょう
意味:自然に生まれ出ること。人の手の加わっていないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました