天上天下とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

天上天下

「天上天下唯我独尊」などのように使う「天上天下」という言葉。

「天上天下」は、音読みで「てんじょうてんげ」「てんじょうてんか」と読みます。

「天上天下」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「天上天下」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

天上天下の意味

「天上天下」には次の意味があります。

天上の世界と地上の世界。天地の間。宇宙の間。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「天上天下唯我独尊」とは、「宇宙の中で自分が最も優れている」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私の此話は、日本の古代の暦法、天上天下の関係を説かねばならなくなつた。
(出典:折口信夫『高御座』)

・新入生があるとその手を執り、まず「天上天下」と書かせて記念にしたという。
(出典:稲垣史生『考証[時代劇]』)

・こちらは、天上天下に大事なのは若だんなだけだから、幼子を見る目も冷静であった。
(出典:畠中恵『ねこのばば』)

・さてその仏蘭西騎士はどう見ても廻り合せが悪く、天上天下無一物らしかった。
(出典:バルザック/小西茂也訳『風流滑稽譚(第三輯)』)

・それは単にこの国を治めるばかりではなく、神が司りたまう天上天下すべての世界に調和をもたらすものである。
(出典:安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』)

類語

乾坤けんこん
意味:天と地。(出典:デジタル大辞泉)

天地あめつち・てんち
意味: 宇宙、世界の全体。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

ユニバーサル
意味: 全世界的。(出典:デジタル大辞泉)

全世界ぜんせかい
意味:世界の全体。(出典:デジタル大辞泉)

地上ちじょう
意味:この世。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました