夥多とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

夥多

「人口が夥多になる」などのように使う「夥多」という言葉。

「夥多」は、音読みで「かた」と読みます。

「夥多」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「夥多」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

夥多の意味

「夥多」には次の意味があります。

物事が多すぎるほどあること。おびただしいさま。(出典:デジタル大辞泉)

「夥」と「多」はどちらも「おおい」という意味を持つ漢字であり、「夥多」は同じ意味の漢字を重ねて意味を強めた二字熟語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・数本の椿の老樹が、各々一丈ばかりもある濃緑の肌に、点々と血をにじませて夥多の花を開いています。
(出典:江戸川乱歩『パノラマ島綺譚』)

・楼上には夥多の美室あり。
(出典:福沢諭吉『学者安心論』)

・この際の費用夥多、予大いに困弊す。
(出典:海音寺潮五郎『さむらいの本懐』)

スポンサーリンク

類語

過多(かた)
意味:多すぎること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

過剰(かじょう)
意味:必要な程度や数量を越えて多いこと。ありあまること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

膨大(ぼうだい)
意味:ふくれて大きくなること。(出典:デジタル大辞泉)

甚大(じんだい)
意味:程度のきわめて大きいさま。(出典:デジタル大辞泉)

多大(ただい)
意味:数量・規模などが非常に大きいこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました