スポンサーリンク

圧勝とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

圧勝

「試合に圧勝する」などのように使う「圧勝」という言葉。

「圧勝」は、音読みで「あっしょう」と読みます。

「圧勝」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「圧勝」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

圧勝の意味

「圧勝」には次の意味があります。

一方的に勝つこと。また、その勝ち。(出典:精選版 日本国語大辞典)

上記の意味の如く、スポーツの試合や選挙などで、他を大きく引き離して勝つことを表す言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・王者の余裕は奇妙なその申し出を受け入れさせ、そして俺たちは圧勝した。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 2』)

圧勝した候補は、NIC一一二という、そっけない番号で記されていた。
(出典:パトリシア・コーンウェル『検屍官』)

・昨日の対戦で、赤の王は僕に圧勝できるのにしなかった。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第2巻 -紅の暴風姫』)

・大戸に圧勝すれば他のボクサーは怖がって相手をしてくれなくなるかもしれない。
(出典:沢木耕太郎『一瞬の夏』)

・相手選手のトラウマが心配される圧勝だったが、それを深雪が気にした様子は無かった。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 13 スティープルチェース編』)

類語

大勝(たいしょう)
意味:大きな差をつけて勝つこと。大勝利。(出典:デジタル大辞泉)

楽勝(らくしょう)
意味:楽に勝つこと。(出典:デジタル大辞泉)

快勝(かいしょう)
意味:相手を圧倒して、気持ちのよい勝ち方をすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

完勝(かんしょう)
意味:試合、戦いなどで、相手につけ込むすきを与えず完全な勝利を得ること。(出典:精選版 日本国語大辞典

辛勝(しんしょう)
意味:競技などで、かろうじて勝つこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました