吝かとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

吝か

「それをするのは吝かではない」などのように使う「吝か」という言葉。

「吝か」は、訓読みで「やぶさか」と読みます。

「吝か」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「吝か」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

吝かの意味

「吝か」には次の二つの意味があります。

1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。
2 物惜しみするさま。けちなさま。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

吝かの意味①「(「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。」

「吝か」の一つ目の意味は「(「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。」です。

「吝かではない」と使うことで、頼まれごとや物事に対して前向きに取り組む意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・冗談じょうだんで捏造ねつぞうしてみたが、一度ぐらいなら観賞しても吝かではない気がした。
(出典:入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 死の礎は生』)

・幸子にこのような下心があれば、姑への協力は吝かではなかったはずだ。
(出典:松本清張『高台の家』)

・ただ、貴重な助言への答えを返すことについては、吝かではなかった。
(出典:高橋弥七朗『灼眼のシャナ 第9巻』)

・あと支配を円滑えんかつに進めるため、我が民の悩みを解決する事も吝かではない。
(出典:沖田雅『先輩とぼく 1』)

類語

喜んで(よろこんで)
意味:(「よろこんで…」の形で)すすんで、気持ちよく受け入れる。(出典:デジタル大辞泉)

進んで(すすんで)
意味:自分から積極的に。(出典:デジタル大辞泉)

構わない(かまわない)
意味:差し支えない。気にしない。(出典:デジタル大辞泉)

吝かの意味②「物惜しみするさま。けちなさま。」

「吝か」の二つ目の意味は「物惜しみするさま。けちなさま。」です。

「それを行うことに吝かである」などのようにあまり乗り気ではない時に使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・評壇もその作品に注意することが極めて吝かであつたらしい。
(出典:有島武郎『水野仙子氏の作品について』)

・罪を改めるに吝かであってはならぬ。
(出典:戸坂潤『世界の一環としての日本』)

・わが国の近代化に果したこれらの国公立の教育機関の役割の大きさは、高く評価されるべきものであり、その功績を認めるに吝かであってはなるまい。
(出典:渡部昇一『新常識主義のすすめ』)

・称められたもうアッラーは、その御恵みを頒ちたもう際には、決して吝かにしたまわぬことを、汝らは一刻も考えぬ。
(出典:佐藤正彰訳『千一夜物語』)

類語

不本意(ふほんい)
意味:自分の本当の望みとは違っていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

気無し(きなし)
意味:気乗りがしないこと。気が入っていないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

けち臭い(けちくさい)
意味:いかにもけちである。しみったれだ。(出典:デジタル大辞泉)

しみったれ
意味:物惜しみすること。けちけちしていること。また、そういう人や、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました