吐露とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

吐露

「真情を吐露する」などのように使う「吐露」という言葉。

「吐露」は、音読みで「とろ」と読みます。

「吐露」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「吐露」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

吐露の意味

「吐露」には次の意味があります。

・心に思っていることを、隠さずうちあけること。(出典:デジタル大辞泉)

「吐露」の「吐」は口から吐き出すことを意味し、「露」はむき出しにあわらす、あらわれることを意味するため、「吐露」は「心で思っていることをそのまま包み隠さず、吐き出して話すこと」を指す言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・先生が小兵衛にたくして、心情を吐露されていると思うことがよくある。
(出典:池波正太郎『剣客商売 2 辻斬り』)

・あれはやっぱり、演技などではなく、感情をストレートに吐露したのだ。
(出典:新津きよみ『訪問者』)

・錢の價値をこんなに強調してゐるのは、大阪當時の精神を吐露してゐる。
(出典:長岡半太郎『大阪といふところ』)

・「実は、妹のことなんだけど」 俺はこいつに、悩みをひとつ吐露した。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6巻』)

・むしろ本心を吐露した、正直な言葉として好ましくさえ思ったようだ。
(出典:山田正紀『少女と武者人形』)

類語

・話す(はなす)
意味: 言葉で相手に伝える。告げる。語る。(出典:デジタル大辞泉)

・発語(はつご)
意味:言い始めること。言語を発すること。ほつご。(出典:デジタル大辞泉)

・口走る(くちばしる)
意味:無意識のうちにしゃべってしまう。(出典:デジタル大辞泉)

・洩らす(もらす)
意味:心の奥深くに思っていることを、うっかり表情などに現わす。また、感情などを、思わず外に現わす。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・吐く(はく)
意味:心の中のことを言葉に出す。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました