同担拒否とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

同担拒否

「私は同担拒否です。」などのように使う「同担拒否」という言葉。

「同担拒否」は、音読みで「どうたんきょひ」と読みます。

「同担拒否」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「同担拒否」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

同担拒否の意味

「同担拒否」には次の意味があります。

「同じアイドルが好きなファンとは絡みたくない」という意味である。(出典:ピクシブ百科事典)

「同担」とは同じアイドルを担当する、つまりファンである人のことを意味します。その「同担」の人と独占欲や嫉妬など様々な理由から関わりたくないときに使う言葉です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

同担拒否とは元々ジャニーズファンの間で生まれた言葉である。

・ネットで仲良くなりたいと思っていた同担さんが同担拒否だった。

同担拒否だけどなぜかあなたとは仲良くなれる。

類語

独占(どくせん)
意味:そのもののすべてをひとりで保有して他の人に譲らないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

独擅場(どくせんじょう)
意味:その人だけが思うままに振る舞うことができる場所・場面。(出典:デジタル大辞泉)

独り占め(ひとりじめ)
意味:自分または自分たちだけのものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました