口角とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

口角

「口角を上げる」などのように使う「口角」という言葉。

「口角」は、音読みで「こうかく」と読みます。

「口角」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「口角」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

口角の意味

「口角」には次の意味があります。

上唇と下唇の接合部。口の両わき。(出典:デジタル大辞泉)

口の左右の両端を指します。
「口角を上げる」と、自然な笑顔に見えるため、印象がよくなることに繋がります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして、上目遣いにオズオズと彼を見つめ、口角をあげて笑顔を作った。
(出典:平安寿子『素晴らしい一日』)

口角が下がると、顔全体が地面に向かって流れ、いっそう老けて見えた。
(出典:木内昇『漂砂のうたう』)

・視線をそらすように、右下へ注ぎ、口角の下がった唇を引き結んでいた。
(出典:近藤史恵『散りしかたみに』)

・娘は今度は首を動かさずに、ええ、と見てとれるように口角を広げた。
(出典:南木佳士『阿弥陀堂だより』)

・女主は歯を見せず口角を上にあげ、グラスをテーブルに置く。
(出典:姫野カオルコ『蕎麦屋の恋』)

スポンサーリンク

類語

口元(くちもと)
意味:口のあたり。口。(出典:デジタル大辞泉)

口先(くちさき)
意味:口の先端。(出典:デジタル大辞泉)

口辺(こうへん)
意味:口のまわり。口のあたり。(出典:デジタル大辞泉)

口腔(こうくう)
意味:口からのどまでの空洞部分。口の中。(出典:デジタル大辞泉)

口器(こうき)
意味:昆虫などの動物の口部にある、えさを捕らえ、咀嚼(そしゃく)するための器官の総称。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました