反映とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

反映

「光が反映する」などのように使う「反映」という言葉。

「反映」は、音読みで「はんえい」と読みます。

「反映」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「反映」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

反映の意味

「反映」には次の三つの意味があります。

1 光や色などが反射して光って見えること。
2 対照的に色がうつり合って美しさを増すこと。
3 あるものの性質が、他に影響して現れること。反影。また、それを現すこと。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

反映の意味①「光や色などが反射して光って見えること。」

「反映」の一つ目の意味は「光や色などが反射して光って見えること。」です。

夕日の色が雪山に映っている様子を「夕日が雪山に反映している」と言い表したりします。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・四つ辻は太陽の反映に白く輝いていたが、生あるものは何もいなかった。
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

・何も見えず、ただ灰色の空を反映する灰色の雪明りがあるばかりだった。 
(出典:クーパー『(闇の戦い1)光の六つのしるし』)

・月の光の反映は、煖炉の上に十字架像の姿をぼんやりうきださせていた。
(出典:ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(上)』)

スポンサーリンク

類語

・返照(へんしょう)
意味:光が照りかえすこと。照り返し。(出典:デジタル大辞泉)

・反射(はんしゃ)
意味:媒質中を進む光・音などの波動が、媒質の境界面に当たって向きを変え、もとの媒質に戻って進むこと。(出典:デジタル大辞泉)

・リフレクション
意味:反射。反映。(出典:大辞林 第三版)

反映の意味②「対照的に色がうつり合って美しさを増すこと。」

「反映」の二つ目の意味は「対照的に色がうつり合って美しさを増すこと。」です。

お互いの色や光が互いに映り合って、より映えることを表します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・問題はバックの銀と前に描いたものとの反映の仕方が充分でなかつた。
(出典:小熊秀雄『小熊秀雄全集-19』)

・彼女の顔は、白樫の葉裏の灰白色の反映を受けてか、更に蒼白かった。
(出典:豊島与志雄『丘の上』)

・裏街を行く車窓にメインストリートの上層の華美な電飾が反映していた。
(出典:吉行エイスケ『東京ロマンティック恋愛記』)

スポンサーリンク

類語

・対照(たいしょう)
意味:全く性質の違う物どうしを並べ比べたとき、その違いがきわだつこと。(出典:デジタル大辞泉)

・照応(しょうおう)
意味:二つのものが互いに関連し、対応すること。(出典:デジタル大辞泉)

・相対的(そうたいてき)
意味:他との関係において成り立つさま。また、他との比較の上に成り立つさま。(出典:デジタル大辞泉)

反映の意味③「あるものの性質が、他に影響して現れること。反影。また、それを現すこと。」

「反映」の三つ目の意味は「あるものの性質が、他に影響して現れること。反影。また、それを現すこと。」です。

「作者の気持ちが絵に反映されている」というように、何かに影響を受けて現れることを指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・このことには、日本の女の生活全体の歴史も反映しているのであるから。
(出典:宮本百合子『映画女優の知性』)

・そしてそのことは、やはり時代をそれぞれに反映した結果だと思うのだ。
(出典:ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』)

・この言い尽くせない感謝の気持ちは作品に反映していきたいと思います。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』)

スポンサーリンク

類語

・感化(かんか)
意味:考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。(出典:デジタル大辞泉)

・作用(さよう)
意味:他のものに力を及ぼして影響を与えること。(出典:デジタル大辞泉)

・影響(えいきょう)
意味:物事の力や作用が他のものにまで及ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました