即断とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

即断

「この状況で即断するのは難しい」などのように使う「即断」という言葉。

「即断」は、音読みで「即断」と読みます。

「即断」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「即断」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

即断の意味

「即断」には次の意味があります。

その場ですぐに判断したり決断したりすること。(出典:デジタル大辞泉)

「即断」をわかりやすく言うと「すぐに決めること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どんな人物かわからないから即断はしにくいが、意外な組み合わせだ。
(出典:宮部みゆき『名もなき毒』)

即断を必要とする問題が次々に生じ、指揮官としての責任を痛感させられた。
(出典:ロバート・アスプリン,P・J・ヘック『銀河おさわがせアンドロイド』)

・田中はその場でプロジェクトが可能かどうかを即断した。
(出典:水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』)

・話し合いの連続で何もしないよりは、即断してすぐに行動に移すことを好む。
(出典:アン・マキャフリイ『パーンの竜騎士シリーズ(全16巻) 7 竜の夜明け〔上〕』)

・しかしこういった方法をとっていると、即断しなければならない問題が起こったときに間に合わない。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

類語

英断えいだん
意味:すぐれた決断。また、思い切ってきっぱり決めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

速断そくだん
意味:すみやかに判断すること。迅速に決断すること。また、早まった判断・決断をすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

勇断ゆうだん
意味:勇気を出して決断すること。(出典:デジタル大辞泉)

断定だんてい
意味:物事にはっきりした判断をくだすこと。また、その判断。(出典:デジタル大辞泉)

独断どくだん
意味:自分ひとりで物事を決断すること。また、その決断。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました