十八番とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

十八番

「十八番の曲」などのように使う「十八番」という言葉。

「十八番」は、音読みで「じゅうはちばん」または「おはこ」と読みます。

「十八番」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「十八番」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

十八番の意味

「十八番」には次の二つの意味があります。

1 「歌舞伎十八番」の略。
2 その人のいちばん得意とすること。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

十八番の意味①「「歌舞伎十八番」の略。」

「十八番」の一つ目の意味は「「歌舞伎十八番」の略。」です。

七代目市川團十郎が市川宗家のお家芸として選定した、十八種の歌舞伎演目のことをいいます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・成功すれば、新しい歌舞伎十八番物になるかもしれない。
(出典:吉川英治『随筆 新平家』)

・裕子は必死になって歌舞伎十八番の演目を思い出して演技をする
(出典:東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』)

・歌舞伎十八番、助六が舞台に登場する際に歌われる河東節が老婆の口からもれた
(出典:東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』)

・亮一は学生時代から歌舞音曲が好きで、歌舞伎十八番の台詞などは暗記していた。
(出典:足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』)

スポンサーリンク

類語

旧劇きゅうげき
意味:新派・新劇に対して、能・狂言・歌舞伎など伝統演劇の称。(出典:大辞林 第三版)

能楽のうがく
意味:能のこと。明治以後に猿楽の字面を嫌って使われた言い方。(出典:デジタル大辞泉)

狂言きょうげん
意味:歌舞伎。また、その出し物。(出典:デジタル大辞泉)

演劇えんげき
意味:観客を前に、俳優が舞台で身ぶりやせりふで物語や人物などを形象化し、演じて見せる芸術。(出典:デジタル大辞泉)

十八番の意味②「その人のいちばん得意とすること。」

「十八番」の二つ目の意味は「その人のいちばん得意とすること。」です。

「おはこ」と言うことも多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その歌はいわずと知れた彼女の十八番の「赤い苺の実」の歌だった。
(出典:海野十三『恐怖の口笛』)

・あれさえなければ、おれの十八番がうけていたはずなのに。
(出典:乙一『ZOO』)

・いつもの十八番が無意識のうちに彼の口をついて出た。
(出典:東郷隆『(定吉七番シリーズ 4) ゴールドういろう』)

・これはあたしの十八番だから、気を入れて聞いて下さい。
(出典:矢野誠一編『古典落語・長屋ばなし』)

スポンサーリンク

類語

特技とくぎ
意味:みずから得意とする特別の技能(出典:大辞林 第三版)

スキル
意味:手腕。技量。また、訓練によって得られる、特殊な技能や技術。(出典:デジタル大辞泉)

神業かみわざ
意味:神のしわざ。また、そのような超人間的な技術や行為。(出典:デジタル大辞泉)

得意とくい
意味:最も手なれていて自信があり、じょうずであること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました