努力とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

努力

「努力が実る」などのように使う「努力」という言葉。

「努力」は、音読みで「どりょく」と読みます。

「努力」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「努力」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

努力の意味

「努力」には次の意味があります。

ある目的のために力を尽くして励むこと。(出典:デジタル大辞泉)

「努」は「力を尽くして働く」、「力」は「ちから」を意味する漢字です。
「努力」を、わかりやすく言えば「ある目的のために、一生懸命頑張ること」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人間は自分を不幸にすることのために、努力するものではないと思うが。
(出典:池谷信三郎『橋』)

・過去十年の自分の努力が、なにか無駄ごとであったような気持さえする。
(出典:大鹿卓『渡良瀬川』)

・いうまでもなく芸術と哲学とはこの内部生命の表現的努力の二途である。
(出典:倉田百三『愛と認識との出発』)

・おそらく今もどこかで血の出るような努力をつづけていられることだろう。
(出典:下村湖人『次郎物語』)

・それに私をかくのごとく死の努力を続けさせる大きなわけがあるのである。
(出典:海野十三『放送された遺言』)

スポンサーリンク

類語

・取組(とりくみ)
意味:物事、問題などの解決をめざして懸命にあたっていくこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・トライ
意味:試みること。(出典:デジタル大辞泉)

・尽力(じんりょく)
意味:ある目的の実現のために、力を尽くすこと。(出典:デジタル大辞泉)

・努める(つとめる)
意味:精を出して仕事をする。努力して事を行う。(出典:デジタル大辞泉)

・奮励(ふんれい)
意味:気力をふるいおこして行ない励むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました