加齢臭とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

加齢臭

「そろそろ加齢臭が気になる年齢に」などのように使う「加齢臭」という言葉。

「加齢臭」は、音読みで「かれいしゅう」と読みます。

「加齢臭」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「加齢臭」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

加齢臭の意味

「加齢臭」には次の意味があります。

中高年に特有の体臭。男女差はなく、加齢とともに増加する。皮脂中に脂肪酸が増え、ノネナールができることが原因。(出典:デジタル大辞泉)

父親に対してだったり電車の中で感じた「おじさんのにおい」の事です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

加齢臭対策としてノネナール等を生成する細菌を殺菌する目的の石鹸類も販売されている。
(出典:ヒキタクニオ『消し屋A』)

・実際、阿藤はえのき氷を食べ続けたら加齢臭がなくなったという。
(出典:ヒキタクニオ『消し屋A』)

・団塊世代と呼ばれた4人のオヤジが加齢臭によって、若い女性や子供、そして家族からも
煙たがれる生活に悩んでいた。
(出典:歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』)

・昨日侵入した、沢田の部屋にも、タバコの臭いと加齢臭が混じり合い、染みついていた。
(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

・カベルネには「人に媚びるような態度、おじさんみたいな加齢臭、まったく話にならない」
と酷評された。
(出典:入間人間『電波女と青春男 第2巻』)

類語

悪臭(あくしゅう)
意味:いやなにおい。不快なにおい。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

激臭(げきしゅう)
意味:非常に刺激の強いにおい。
(出典:デジタル大辞泉)

親父臭(おやじしゅう)
意味:主に中年男性に対する語。
(出典:デジタル大辞泉)

異臭(いしゅう)
意味:へんなにおい。いやなにおい。不快なにおい。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

刺激臭(しげきしゅう)
意味:つんつんと鼻を刺激する、いやなにおい。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました