力不足とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

力不足

「力不足で迷惑をかけた」などのように使う「力不足」という言葉。

「力不足」は、「力」は訓読み「不足」は音読みで「ちからぶそく」と読みます。

「力不足」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「力不足」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

力不足の意味

「力不足」には次の意味があります。

与えられた役目を果たすだけの力量がないこと。(出典:デジタル大辞泉)

「力不足」をわかりやすく言うと、頼まれごとや役割などをこなすための力を持っていなかったり足りていなかったりすることをあらわす言葉になります。
役不足(もっている力にたいして役割が軽いこと)の反対の意味をもつ言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・同情を買うような言訳口調であり、力不足で申訳ないと陳謝する。
(出典:山田智彦『銀行 男たちのサバイバル』)

・あたしの剣にも一応護符が組み込んであるが、これでもやや力不足だ。
(出典:神坂一『スレイヤーズ1 スレイヤーズ!』)

・自分の力不足で兄にそんな無理をさせるのは、絶対に嫌だった。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 3 九校戦編 <上>』)

・出来ない事はやらないし、それを力不足だとか残念だって思う事もない。
(出典:奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd -櫻の夢』)

・エネルギー同志が反発しないように気は遣ったけど、これでは全然力不足だよ。
(出典:毛利志生子『カナリア・ファイル~金蚕蠱』)

スポンサーリンク

類語

不適任ふてきにん
意味:適任でないこと。任務に適していないこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

荷が重いにがおもい
意味:負担が重い。責任が重大だ。また、責任や負担が大きく負いきれない。(出典:精選版 日本国語大辞典)

未熟みじゅく
意味:学問や技術などの経験・修練がまだ十分でないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

生煮えなまにえ
意味:未熟なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

荷が勝つにがかつ
意味:荷物が重すぎる。責任や負担が重すぎる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました