凡人とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

凡人

「凡人な人」などのように使う「凡人」という言葉。

「凡人」は、音読みで「ぼんじん」と読みます。

「凡人」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「凡人」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

凡人の意味

「凡人」には次の意味があります。

普通の人。ただの人。(出典:デジタル大辞泉)

凡人は平凡な人、特徴のない人を表します。同じ漢字で凡人(ぼんにん)と呼ぶ場合もあり、皇族や貴族に対して身分の低い人指すときに使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・すると我々凡人はいやが上にも訓練を受ける覚悟をしなければなりません。
(出典:芥川竜之介『文芸鑑賞講座』)

・すべてを凡人にしてしまうものだから、みなが早く倦いてしまったのだ。
(出典:賀川豊彦『空中征服』)

・けどそういう人は俺たち凡人には理解しづらいし熱意を共有もできない。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 2』)

・知っていて凡人らしい感情を波立たせないところが信仰の使徒であった。 
(出典:松本清張『証明』)

・だって世の中には才能を持たない、不幸な凡人のほうが多いんだから。
(出典:西尾維新『物語シリーズ 9 花物語』)

類語

普通(ふつう)
意味:特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。(出典:デジタル大辞泉)

平凡(へいぼん)
意味:ありふれていて、特にすぐれた点のないこと。また、そのさま。なみなみ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

常人(じょうじん)
意味:特別の身分・地位を有する人に対して、普通一般の人。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

凡俗(ぼんぞく)
意味:ありふれていてとりえのないこと。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

只者(ただもの)
意味:普通の人。尋常の人。なみの人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました