公明正大とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

公明正大

「公明正大な選挙」などのように使う「公明正大」という言葉。

「公明正大」は、音読みで「こうめいせいだい」と読みます。

「公明正大」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「公明正大」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

公明正大の意味

「公明正大」には次の意味があります。

私心がさしはさまれず、正しく事の行われる・こと(さま)。(出典:大辞林 第三版)

「公明正大」をわかりやすく言うと「自分の利益や考えを優先せず、正しく行うこと」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼の事務所は申し分なく公明正大な仕事でなければ、決して手を出さない。
(出典:モーム/田中西二郎訳『モーム短編集「園遊会まで」』)

・すべてが公明正大に見えたのであります。
(出典:クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』)

・その顔は穏やかで、公明正大で、時を越えて知的で、善意に満ちて、誠実な表情をしていた。
(出典:カヴァン『氷』)

公明正大で、隠す必要は少しもなかった。
(出典:松本清張『証明』)

・公人の手本となる公明正大で勤勉な王だった。
(出典:池上永一『テンペスト1 若夏の巻』)

スポンサーリンク

類語

至公しこう
意味:きわめて公平なこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

厳正げんせい
意味: 規準を厳格に守って公正に行うこと。 (出典:デジタル大辞泉)

公平こうへい
意味:特定の人のえこひいきをしないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

平等びょうどう
意味:かたよりや差別がなく、みな等しいこと。(出典:デジタル大辞泉)

中正ちゅうせい
意味:かたよらず、公正であること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました