公安委員会とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

公安委員会

「公安委員会になりたい」などのように使う「公安委員会」という言葉。

「公安委員会」は、音読みで「こうあんいいんかい」と読みます。

「公安委員会」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「公安委員会」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

公安委員会の意味

「公安委員会」には次の意味があります。

警察の運営を管理する合議制の行政機関。(出典:日本国語大辞典)

公安委員会をわかりやすく言うと「警察を管理する行政委員会」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

公安委員会は小銃入手のためボーマルシェを再びオランダに派遣と決定。
(出典:ボーマルシェ/辰野隆訳『フィガロの結婚』)

・二十歳のとき公安委員会から狩猟用銃所持の許可を受けている。
(出典:森村誠一『凶通項』)

公安委員会は講堂の地下に、SS工作員の死体を三つ隠しているんだ!
(出典:新城十馬『蓬莱学園の初恋!』)

・みなその権力の首領等と違ったことを考えているものはすべて虐殺するという、公安委員会の夢ばかり見ているのだ。
(出典:クロポトキン・ピョートル・アレクセーヴィチ『革命の研究』)

・君に、公安委員会の代表になってもらいたいのだ。
(出典:ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』)

スポンサーリンク

類語

国家公安委員会(こっかこうあんいいんかい)
意味:国の公安に係る警察運営事項の統轄(とうかつ)と警察行政の調整をし,警察庁を管理する警察の最高機関。(出典:百科事典マイペディア)

警察庁(けいさつちょう)
意味:警察行政を担当する国家機関。警察法(昭和29年法律第162号)に基づいて国家公安委員会に設置された。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

合議(ごうぎ)
意味:二人以上の者が集まって相談すること。(出典:日本国語大辞典)

行政委員会(ぎょうせいいいんかい)
意味:行政機関の一。政治的中立性を必要とする行政を推進するため、一般行政機構から独立して設置される合議制の機関。(出典:デジタル大辞泉)

国民公会(こくみんこうかい)
意味:フランス革命期、立法議会のあとをうけて開かれた議会(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました