倍返しとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

倍返し

「復讐を倍返しする。」などのように使う「倍返し」という言葉。

「倍返し」は、音読みで「ばいがえし」と読みます。

「倍返し」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「倍返し」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

倍返しの意味

「倍返し」には次の意味があります。

贈られたものや受領したものに対して、倍額に相当する金品を相手に返すこと。やられた以上に手ひどく仕返しをすること。(出典:デジタル大辞泉)

2013年に放送されたTBSドラマ『半沢直樹』でのセリフが有名ですよね。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この娘の分まで、アテナにはきっちりと倍返しをしなくてはなるまい。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 1 神はまつろわず』)

・小端は手付を倍返しすると言っていたはずだ。
(出典:姉小路祐『動く不動産』)

・しかし、手付を倍返しして契約を解約したとしても、それで小端が詐欺的行為をしたという事実はなくなるわけではない。
(出典:姉小路祐『動く不動産』)

・借りはいずれ倍返しで返してもらうから。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 8』)

・「人の道からはずれたことをすると、きっと不幸が倍返しになって戻ってくる」などと言い、彼らは執拗に姉を責めた。
(出典:小池真理子『雪ひらく』)

類語

逆襲ぎゃくしゅう
意味:攻撃されて守勢に立っていた者が、勢いを転じて逆に相手を攻撃すること。(出典:デジタル大辞泉)

雪辱せつじょく
意味:恥をすすぐこと。特に、競技などで負けたことのある相手を破って名誉を取り戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

反撃はんげき
意味:劣勢にあったものが逆に、相手に対して攻撃をしかけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

復讐ふくしゅう
意味:かたきうちをする。仕返しをする。報復。(出典:デジタル大辞泉)

名誉挽回めいよばんかい
意味:失った信用や評価を取り戻すこと。(出典:四字熟語を知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました