保全とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

保全

「環境保全」などのように使う「保全」という言葉。

「保全」は、音読みで「ほぜん」と読みます。

「保全」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「保全」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

保全の意味

「保全」には次の意味があります。

・保護して安全であるようにすること。(出典:デジタル大辞泉)

「保全」は漢字の意味から「安全であるように保つこと」を指し、機械であれば機械が故障しないように安全で保つこと=故障する前の対策、医療であれば病気にならないようにうがいや手洗いをして安全で保つこと=病気になる前の対策に使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・定時制高校卒業後の四年間、泉真太郎は歴史事物保全財団で働いていた。
(出典:柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』)

・協電のためというよりは彼ら自身の保全のために必要なのである。
(出典:森村誠一『大都会』)

・自らの属する階級保全のための、過度の宗教尊重に執着する必要もない。
(出典:塩野七生『ローマ人の物語1』)

・わたしは改造派よりも保全派のほうに共感するところがあった。
(出典:ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』)

・あらゆる新しい可能性を奪い、それを糧に自分たちの地位を保全する。
(出典:半村良『邪神世界』)

類語

・護持(ごじ)
意味:大切に守り保つこと。尊んで守護すること。(出典:デジタル大辞泉)

・保存(ほぞん)
意味:そのままの状態に保っておくこと。(出典:デジタル大辞泉)

・整備(せいび)
意味:すぐ役立つように準備したり整えたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

・管理(かんり)
意味:ものの状態、性質などがかわらないよう、保ち続けること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・保護(ほご)
意味:外からの危険・脅威・破壊などからかばい守ること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました