スポンサーリンク

俊英とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

俊英

「学内一の俊英」などのように使う「俊英」という言葉。

「俊英」は、音読みで「しゅんえい」と読みます。

「俊英」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「俊英」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

俊英の意味

「俊英」には次の意味があります。

学問・才能などが人より秀でていること。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

「頭脳などがひときわ優れている」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・入学したときに俊英だと言われる者ほど、のちに伸び悩んで脱落することが多い。
(出典:小野不由美『十二国記 10 華胥の幽夢+漂舶』)

・留学した俊英たちが次々にテクノクラートとして帰って来るとその人たちが明治政府の要職につく。
(出典:宮原安春『軽井沢物語』)

・両者ともに、この時代にあっては、日本で最高水準の論理的思考のできる俊英であった。
(出典:橋本克彦『日本鉄道物語』)

・とにかく、色と光りの記述なら、現代小説の俊英ル・クレジオより、こちらのニュートンの方が優れているのではないかと思う。
(出典:秋山駿『人生の検証』)

・しかも一子武田勝頼の俊英は、信玄以上という評さえある。
(出典:吉川英治『新書太閤記』)

類語

秀才(しゅうさい)
意味:非常にすぐれた学問的才能。また、その持ち主。(出典:デジタル大辞泉)

俊秀(しゅんしゅう)
意味:才能などが他の人より特にすぐれていること。また、その人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

逸材(いつざい)
意味:人並み以上にすぐれた才能。また、その人物。(出典:デジタル大辞泉)

俊才(しゅんさい)
意味:並みはずれてすぐれた才能。また、その持ち主。(出典:デジタル大辞泉)

異才(いさい)
意味:人並みでないすぐれた才能。また、その持ち主。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました