仮想通貨とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

仮想通貨

「仮想通貨の相場」などのように使う「仮想通貨」という言葉。

「仮想通貨」は、音読みで「かそうつうか」と読みます。

「仮想通貨」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「仮想通貨」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

仮想通貨の意味

「仮想通貨」には次の意味があります。

紙幣や硬貨のような現物をもたず、電子データのみでやりとりされる通貨。主にインターネット上での取引に用いられ、特定の国家による価値の保証はない。不正防止のために高度な暗号化技術を用いているものは、暗号通貨ともいう。デジタル通貨。バーチャルカレンシー。(出典:デジタル大辞泉)

仮想通貨の法令上の呼称は暗号資産です。資金決済に関する法律では仮想通貨は通貨としての特性が認められず暗号資産と称され、仮想通貨と明確に区別されました。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

仮想通貨の概念自体は、アメリカ合衆国上院で1995年には言及されており、1999年には一部の仮想通貨は存在していた。

仮想通貨として有名なものにビットコインがあり、汎用性のある決済手段として国際的に流通している。

仮想通貨の発行には計算量の大きな問題の解読が必要とされ、ビットコインの場合は作成したブロックが他のマイナーに受け入れられると作成報酬を獲得する。

・独自の分散台帳技術による非中央集権的な決済の実現により、仮想通貨の発行を可能にする技術を開発した。

・すべての仮想通貨が暗号化を使用するわけではないので、すべての仮想通貨が暗号化通貨であるとは限らない。暗号通貨は一般に合法的な通貨ではない。

類語

電子マネー(でんしまねー)
意味:貨幣価値の決済を電子化したもの。プリペイドカード型電子マネーとネットワーク型電子マネーの2つに大別される。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

ブロックチェーン
意味:分散型ネットワークを構成する多数のコンピューターに、公開鍵暗号などの暗号技術を組み合わせ、取引情報などのデータを同期して記録する手法。ビットコインなどの暗号通貨に用いられる基盤技術。(出典:デジタル大辞泉)

スマートコントラクト
意味:ブロックチェーン上で契約情報を記録する仕組み。(出典:デジタル大辞泉)

暗号通貨(あんごうつうか)
意味:不正防止のため、高度な暗号技術を用いる仮想通貨。クリプトカレンシー。(出典:デジタル大辞泉)

リブラ
意味:米国フェースブック社の主導で開発中の仮想通貨(暗号資産)。法定通貨と連動しており、価格変動の起こりにくいステーブルコインに分類される。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました