他言無用とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

他言無用

「このことは他言無用だ」などのように使う「他言無用」という言葉。

「他言無用」は、「たごんむよう」と読みます。

「他言無用」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「他言無用」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

他言無用の意味

「他言無用」には次の意味があります。

秘密を他の人に話してはならないということ。(出典:四字熟語を知る辞典)

人から聞いた秘密や会話の内容などを、他人に絶対に話してはダメというときに使われます。仕事のマニュアルなどに用いられることがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして、この件は光秀が取り計らうゆえ他言無用とも指示したのである。
(出典:茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』)

・小判商人の実態が明らかにされるまでは他言無用と考えた故でもある。
(出典:平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』)

・発毛薬のモニターをしていることは他言無用だと、金光先輩からも言われていた。
(出典:乃南アサ『躯(からだ)』)

・いずれ当局から発表があるでしょうが、それまでは必ず他言無用、いいですね。
(出典:巖谷大四『懐しき文士たち 昭和篇』)

・くれぐれも他言無用に、と声をひそめた厩番は、知っていることを話してくれた。 
(出典:仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』)

類語

秘密ひみつ
意味:他人に知られないようにすること。隠して人に見せたり教えたりしないこと。また、そのようなさまやそのような事柄。(出典:デジタル大辞泉)

極秘ごくひ
意味:きわめて秘密なこと。また、そのものやさま。極内。極密。(出典:精選版 日本国語大辞典)

内密ないみつ
意味:表沙汰にしないこと。また、そのさま。内緒。(出典:デジタル大辞泉)

口止めくちどめ
意味: 口外することを禁じること。(出典:デジタル大辞泉)

厳禁げんきん
意味:きびしく禁じること。厳重に禁止すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました