今朝とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

今朝

「今朝は早起きをした」などのように使う「今朝」という言葉。

「今朝」は、「けさ」と読みます。

「今朝」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「今朝」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

今朝の意味

「今朝」には次の意味があります。

・今日の朝。この朝。(出典:デジタル大辞泉)

「今朝」とは、話し手が過ごしている今日の朝のことを言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・けれども、考えてみると、今朝一番あとであの子の室を出たのは私です。
(出典:平林初之輔『アパートの殺人』)

・昨夜の老人は村長で、今朝も早く何か特別の用があって出かけたらしい。
(出典:下村湖人『次郎物語』)

・お道は今朝から宿に居なかつたが今こゝでお道を見やうとは意外であつた。
(出典:高浜虚子『斑鳩物語』)

今朝起きて見たら手や足が急に肥えて何でも十五貫位はありましょうよ。
(出典:正岡子規『初夢』)

・昨夜旅商人の宿つて今朝早く立つていつた小さい隣の室にさへあふれる。
(出典:平野万里『晶子鑑賞』)

類語

・明朝(みょうちょう)
意味:次の日のあさ。あすのあさ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・翌朝(よくあさ)
意味:翌日の朝。(出典:デジタル大辞泉)

・今日(こんにち)
意味:話し手が今、身を置いている、その日。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・今朝方(けさがた)

意味:今日の朝ごろ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・朝(あさ)
意味:夜が明けてからしばらくの間。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました