互換性とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

互換性

「互換性がある」などのように使う「互換性」という言葉。

「互換性」は、音読みで「ごかんせい」と読みます。

「互換性」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「互換性」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

互換性の意味

「互換性」には次の意味があります。

他と互いに交換できる性質。互いに取りかえのきく性質。(出典:精選版 日本国語大辞典)

わかりやすく言うと「互換性」は、「他のものに取り換えられるような性質」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・まだ技術の最終スペックが決まっていないから、互換性をとるのが難しい。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

・ピットマンは機械語レベルでの互換性のために、モニターに注文をつけた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・機種同士の互換性がなければ、文書を画面に呼び出すことはできない。
(出典:鈴木光司『らせん』)

・それにしても、詐欺師と殺人者に互換性があるとは知らなかった。
(出典:宮部みゆき『クロスファイア上巻』)

・これらはみな、同一システム上で運用される、互換性を持ったユニットなんだ。
(出典:古橋秀之『サムライ・レンズマン』)

類語

両立りょうりつ
意味:二つのものが互いに他の存立を妨げることがないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

互換ごかん
意味:互いに取りかえること。また、取りかえのきくこと。(出典:デジタル大辞泉)

適合性てきごうせい
意味:観念や表象,あるいは述定が,その対象や主題を過不足なく表現しているとき,そのような性質をいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

相性あいしょう
意味:互いに性質がよく合うこと。(出典:株式会社平凡社/世界大百科事典 第2版

柔軟性じゅうなんせい
意味:その場に応じた適切な判断ができること。さまざまな状況に対応できること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました