互恵とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

互恵

「互恵関係」などのように使う「互恵」という言葉。

「互恵」は、音読みで「ごけい」と読みます。

「互恵」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「互恵」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

互恵の意味

「互恵」には次の意味があります。

互いに特別の便宜や利益を与え合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

双方が損をしないように、特別な関係を持つことを意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ぼくたちの互恵関係の約束は、そのために全てを捨てなければならないほど優先順位の高いものではない。
(出典:米澤穂信『小市民シリーズ1 春期限定いちごタルト事件』)

・こんな互恵関係にありながらも、独伊間にはいまだ禍根がくすぶっている。
(出典:田丸公美子『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ』)

・平等互恵の原則に従って行動すればよろしいわけです。
(出典:森村誠一『致死眷属』)

・これは、かつてわれわれ人類を分け隔てていた障害が取り除かれ、全地球的相互信頼と互恵の精神に基づく新たな調和と秩序が確立されたことを物語るものに他なりません。
(出典:ホーガン『ガニメデの優しい巨人』)

・後進諸国がはかりしれない汗と苦しみを費やした原材料を国際市場価格で売り、そして今日のオートメ化した大工場で生産される機械を買うことに、“互恵”という言葉をどうして適用することができるだろうか。
(出典:三好徹『チェ・ゲバラ伝』)

スポンサーリンク

類語

互助(ごじょ)
意味:互いに助け合うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ウィンウィン
意味:双方がうまくいっていること。特に、政策において両者にとって適度に都合がいいこと。(出典:デジタル大辞泉)

持ちつ持たれつ(もちつもたれつ)
意味:互いに助け合うさま。相互に助けたり助けられたりするさま。(出典:デジタル大辞泉)

共済(きょうさい)
意味:相互に助け合い、力を合わせて事をなすこと。(出典:デジタル大辞泉)

相互扶助(そうごふじょ)
意味:互いに助け合うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました