二階から目薬とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

二階から目薬

「まるで二階から目薬だ」などのように使う「二階から目薬」という言葉。

「二階から目薬」は、音読みで「にかいからめぐすり」と読みます。

「二階から目薬」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「二階から目薬」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

二階から目薬の意味

「二階から目薬」には次の意味があります。

2階にいて、階下の人に目薬を差すこと。もどかしいこと、また遠回しすぎて効果がないことのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

目の近くから目薬をさせばいいものを、わざわざ2階から目薬をさすことから、遠回りすることで効果が得られないという意味のことわざです。
似た表現に「天井から目薬」という言葉があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

二階から目薬とやらではあるまいし、お天守の五重から釣をするものがありますかえ。
(出典:泉鏡花『天守物語』)

・「二階から目薬」 ということわざは、だから、できないこと、しても無駄なことのたとえだ。
(出典:青木雨彦『ことわざ雨彦流』)

・考えてみれば、ドイツの英本土攻撃にすがって祖国の独立を望むのは、「二階から目薬をさす」ような間接策である。
(出典:児島襄『指揮官』)

・無論資本家団の要望如何とは無関係に、苟も資本に直接不利なものに対しては、社会政策的立法の二階から目薬的な利益は後回しにして、わが議員達は反対しなければならぬ良心を持っている。
(出典:戸坂潤『現代日本の思想対立』)

・吾々は折角出来かけた東洋平和の基礎が、際どい処で覆されたと思って失望したのだが、併し雨降って地固るの喩えもある通り、外務省式の二階から目薬的な日支親善の代りに、北支事件の結果成功しそうに見えたものは、もっと手近かの「北支経済援助」だったのである。
(出典:戸坂潤『世界の一環としての日本』)

類語

もどかしい
意味:思うようにならずいらいらする。(出典:デジタル大辞泉)

隔靴掻痒かっかそうよう
意味:思うようにならないで、もどかしいこと。(出典:デジタル大辞泉)

回りくどいまわりくどい
意味:遠回しでわずらわしい。(出典:デジタル大辞泉)

徒労とろう
意味:むだな骨折り。(出典:デジタル大辞泉)

無意味むいみ
意味:意味のないこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました