事件とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

事件

「凶悪事件」などのように使う「事件」という言葉。

「事件」は、音読みで「じけん」と読みます。

「事件」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「事件」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

事件の意味

「事件」には次の意味があります。

意外なできごと。話題、問題となるようなできごと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

上記の意味の如く、世間で話題になるような問題となる出来事をさす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・なんでもあの人は、かつて数回の犯罪事件に関係したこともあると云う。
(出典:大阪圭吉『石塀幽霊』)

・彼は或る重大事件の調査のため、はるばるこの大阪へ来ていたのだった。
(出典:海野十三『蠅男』)

・しかし学士はあの事件以来、何とはなく大変疲れているようであった。
(出典:海野十三『赤外線男』)

・僕は湖南へ旅行した時、偶然ちょっと小説じみた下の小事件に遭遇した。
(出典:芥川竜之介『湖南の扇』)

・さて、次は事件に直接関与していると見られる悪党どもについてだ。
(出典:ドイル・アーサー・コナン『唇のねじれた男』)

類語

出来事(できごと)
意味:社会や身のまわりに起こる事柄。また、ふいに起こった事件・事故。(出典:デジタル大辞泉)

事故(じこ)
意味:思いがけず生じた悪い出来事。物事の正常な活動・進行を妨げる不慮の事態。(出典:デジタル大辞泉)

不祥事(ふしょうじ)
意味:よくない事柄、事件。好ましくない事柄、事件。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ハプニング
意味:思いがけない出来事。突発的な事件。(出典:デジタル大辞泉)

センセーション
意味:世間の耳目を集めるような事件、事柄。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました