不言実行とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不言実行

「不言」と「実行」が組み合わせって成り立っている「不言実行」という言葉。

仕事ができると言われる人の多くは「不言実行」をしているのではないでしょうか。

なかなか難しいですが、一歩ずつやれることをやるのが近道かもしれません。

この記事では「不言実行」の意味や使い方について、書籍などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不言実行の意味

「不言実行」には次の意味があります

あれこれ言わずに、なすべきことを実行すること。(出典: 大辞林 第三版 )

不言実行をわかりやすくいうと「何も言わずに実行すること」「人知れず行動して、結果を出すこと」などの意味になります。

似た言葉に「有言実行」がありますが、「不言実行」は「何も言わずに」というところが異なります。

具体的な使い方や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・父はよくさういふ母を不言実行の例に引いて、子供たちへの訓話の材料にした。
(出典:神西清『母たち』)

不言実行とでも申すのでせうか、大言壮語をつつしんで、実行力がございますね。
(出典:坂口安吾『吹雪物語』)

・あの日、藤野先生が、ひとりごとのようにしておっしゃった「不言実行」の意味がわかったような気がした。
(出典:太宰治『惜別』)

・女体の不言実行の愛とは、何を意味するか。
(出典:太宰治『HUMAN LOST』)

・道子の好きな言葉は「不言実行」である。
(出典:山口瞳『人殺し(下)』)

タイトルとURLをコピーしました