不可欠とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不可欠

「不可欠な条件」などのように使う「不可欠」という言葉。

「不可欠」は、音読みで「ふかけつ」と読みます。

「不可欠」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不可欠」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不可欠の意味

「不可欠」には次の意味があります。

ぜひ必要なこと。なくてはならないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「不可欠な条件」で、「あることをするのにどうしても必要な条件」という意味になります。
それを欠くことができないということです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・情報は企業の存続にとって不可欠のものになっているのです。
(出典:半村良『夢の底から来た男』)

・この実に微妙な緊張感を作り出すために、彼女の存在は不可欠なのだ。
(出典:森博嗣『少し変わった子あります』)

・このような想像力が、外国語理解のためには必要不可欠なものと私には思われる。
(出典:藤原正彦『若き数学者のアメリカ』)

・言うまでもなく、環境の整備はクラブが成長していくうえで不可欠な要素である。
(出典:金子達仁『28年目のハーフタイム』)

・高度を稼ぐためには、空気の薄さを許容するシステムが不可欠になる。
(出典:森博嗣『スカイ・クロラ』)

類語

必須(ひっす)
意味:必ず用いるべきこと。欠かせないこと。また、そのさま。ひっしゅ。(出典:デジタル大辞泉)

必需品(ひつじゅひん)
意味:常に必要な品物。ある事をするのに欠かせない品。必需物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

必要(ひつよう)
意味:なくてはならないこと。どうしてもしなければならないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

肝心(かんじん)
意味:最も重要なこと。また、そのさま。肝要。(出典:デジタル大辞泉)

須要(しゅよう)
意味:なくてはならないこと。どうしても必要なこと。また、そのさま。必須(ひっす)。すよう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました