一衣帯水とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一衣帯水 

「一衣帯水の地」などのように使う「一衣帯水 」という言葉。

「一衣帯水 」は、音読みで「いちいたいすい」と読みます。

「一衣帯水 」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一衣帯水 」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一衣帯水 の意味

「一衣帯水 」には次の意味があります。

ひとすじの帯のような、幅の狭い川や海。また、それを隔てて隣り合っていること。
(出典:デジタル大辞泉)

「衣帯」は「帯」のことであり、「水」は「川や海」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

一衣帯水の大坂城を睥睨へいげいしていた。(出典:吉川英治『宮本武蔵』)

・日本は一衣帯水いちいたいすいを隔へだつる隣国である
(出典:大隈重信『三たび東方の平和を論ず』)

・彼方の兵力をもってしては一衣帯水の危険とも思われた。(出典:本庄陸男『石狩川』)

類語

一葦の水(いちいのみず)
意味:幅の狭い水の流れ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

湾(わん)
意味:海が陸地に大きく入り込んでいる海面。(出典:デジタル大辞泉)

入江(いりえ)
意味:海や湖が陸地に入り込んだ所。入り海。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました