一日千秋とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一日千秋

「一日千秋の思い」などのように使う「一日千秋」という言葉。

「一日千秋」は、音読みで「いちじつせんしゅう」と読みます。

「一日千秋」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一日千秋」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一日千秋の意味

「一日千秋」には次の意味があります。

・ 1日が非常に長く感じられること。待ちこがれる気持ちが著しく強いこと(出典:デジタル大辞泉)

「一日千秋」を簡単に言うと、「まだかまだかと待ち焦がれる思い」のことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こんな状態にある時は、援軍がくるのを一日千秋の思いで待ちつづける。
(出典:MASKMAN『ボヘミアンガラス・ストリート』)

一日千秋の思いとは、こういうときの思いではないかとも思った。
(出典:相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』)

・多くの残された女房たちは、援軍の訪れをまだ一日千秋の思いで待ち続けていた。
(出典:茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実』)

・おたがいに恋いこがれ、この夜を一日千秋の思いで待っていたふたりなのだ。
(出典:山田風太郎『柳生忍法帖(上)』)

・その日からというものは一日千秋の想いで待っていた。
(出典:大塚公子『57人の死刑囚』)

類語

首を長くする(くびをながくする)
意味:期待して待ち焦がれる。(出典:デジタル大辞泉)

倚門の望(いもんのぼう)
意味:外出した子の帰りを待ちわびる母の愛情。(出典:デジタル大辞泉)

三秋の思い(さんしゅうのおもい)
意味:1日会わないと3年間も会わないでいるような思いがすること。(出典:デジタル大辞泉)

待てど暮らせど(まてどくらせど)
意味:いくら長く待っても期待している事が実現しないさまを表す。(出典:デジタル大辞泉)

待望(たいぼう)
意味:待ちこがれること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました