ワンストップとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ワンストップ

「ワンストップで相談できる」などのように使う「ワンストップ」という言葉。

英語では「one-stop」と表記します。

「ワンストップ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ワンストップ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ワンストップの意味

「ワンストップ」には次の意味があります。

1か所で用事が足りること。1か所で何でも揃うこと。(出典:デジタル大辞泉)

「ワンストップで相談できる」で、「複数の分野にわたるような内容でも、それぞれをばらばらに聞くことなくひとつの窓口で相談できる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・当社は、ソフトウェアの設計から開発、運用・保守までワンストップで承ります。

・開業するにあたって、税金や法律のことからマーケティング手法までワンストップでアドバイスしてもらえて助かった。

ワンストップサービスに着目したビジネスが増えている。

類語

一本化(いっぽんか)
意味:ばらばらになっているものを一つにまとめること。(出典:デジタル大辞泉)

集約(しゅうやく)
意味:物事を整理して、一つにまとめること。(出典:デジタル大辞泉)

総合(そうごう)
意味:個々別々のものを一つに合わせてまとめること。(出典:デジタル大辞泉)

一括(いっかつ)
意味:一つにまとめること。また、まとめたもの。(出典:デジタル大辞泉)

集中(しゅうちゅう)
意味:1か所に集めること。また、集まること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました