レジデンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

レジデンス

「レジデンスに住んでいる」などのように使う「レジデンス」という言葉。

英語では「residence」と表記します。

「レジデンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「レジデンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

レジデンスの意味

「レジデンス」には次の意味があります。

住居。住宅。高級アパート・マンションなどの名に用いられることが多い。(出典:デジタル大辞泉)

マンションの名前に「◯◯レジデンス」等の表記がありますが、高級マンションだけでなく、一般のマンションでも使用される場合もあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それにより、住所はN区元町三丁目二十六番地の十六元町レジデンス408号室と確認された。
(出典:森村誠一『異型の街角』)

・「大久保東レジデンス」も四〇五号の部屋も、そして時枝も、香苗の記憶の中のそれと現実のそれとの間には、微妙な齟齬のようなものがあった。
(出典:明野照葉『輪(RINKAI)廻』)

・町の北側に新たなレジデンスが建設される予定である。

・K会長は有数のレジデンス所有者である。

レジデンスとは名ばかりの住居である。

スポンサーリンク

類語

邸宅(ていたく)
意味:家。すまい。特に、構えが大きくて、りっぱな造りの家。やしき。邸第。(出典:デジタル大辞泉)

大所(おおどころ)
意味:大きな構えの家。財産家。大家(たいけ)。おおどこ。(出典:デジタル大辞泉)

お屋敷(おやしき)
意味:武家屋敷。(出典:精選版 日本国語大辞典)

シャトー
意味:城。宮殿。また、館(やかた)。大邸宅。(出典:デジタル大辞泉)

御亭(ごてい)
意味:他人を敬って、その邸宅をいう語。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました