リークとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リーク

「週刊誌にリークする」などのように使う「リーク」という言葉。

英語では「leak」と表記します。

「リーク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リーク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リークの意味

「リーク」には次の意味があります。

意図的に秘密や情報などを漏らすこと。(出典:デジタル大辞泉)

リークはもともと「電気や水などが漏れること」を意味する言葉ですが、比喩的に「意図的に情報などを漏らすこと」という意味で使うことが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・政府は事態を隠そうとしていたにもかかわらず、情報はリークされていた。
(出典:カヴァン『氷』)

・だれが新聞にリークしたかは明らかである。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』)

・俺が〝SELECTION〟にリークした証拠がどこかにあるのか教えてほしい。
(出典:高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』)

・渡部があるグループに食いつかれている、というリークがきた。
(出典:沢木冬吾『償いの椅子』)

・何より、先ほどの一誠をスポーツ新聞などにリークされたらどうしよう。
(出典:樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』)

スポンサーリンク

類語

口外(こうがい)
意味:口に出して言うこと。秘密などを第三者に話すこと。(出典:デジタル大辞泉)

漏洩(ろうえい)
意味:秘密などが、もれること。また、もらすこと。(出典:デジタル大辞泉)

口を滑らす(くちをすべらす)
意味:言ってはならないことをうっかり口に出して言う。(出典:デジタル大辞泉)

他言(たごん)
意味:秘密などを他の人に話すこと。口外すること。たげん。(出典:)

暴露(ばくろ)
意味:悪事・秘密などをあばいて明るみに出すこと。また、それらが明るみに出ること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました