リマインドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リマインド

「提出日の前日にリマインドメールを送る」などのように使う「リマインド」という言葉。

英語では「remind」と表記します。

「リマインド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リマインド」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リマインドの意味

「リマインド」には次の意味があります。

思い出させること。思い起こさせること。(出典:デジタル大辞泉)

「書類提出日の前日にリマインドメールを送る」で「書類の提出を忘れてしまっている人にも思い出してもらうために、提出すべき日の前日にお知らせメールを送る」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・会社帰りにプレゼントを買う必要があったので、リマインドのため手帳に書いておいた。

・好きなテレビ番組を見逃しそうになったが、家族がリマインドしてくれた。

・発売日がかなり先なので、リマインドでアラームをセットしておいた。

類語

喚起(かんき)
意味:呼び起こすこと。呼び覚ますこと。(出典:デジタル大辞泉)

念押し(ねんおし)
意味:念を押すこと。注意して確かめること。(出典:デジタル大辞泉)

確認(かくにん)
意味:はっきり認めること。また、そうであることをはっきりたしかめること。(出典:デジタル大辞泉)

再認識(さいにんしき)
意味:あらためて認識し直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました