リマインダーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リマインダー

「リマインダーに登録する。」などのように使う「リマインダー」という言葉。

英語では「reminder」と表記します。

「リマインダー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リマインダー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リマインダーの意味

「リマインダー」には次の二つの意味があります。

1 インターネットを使って、あらかじめ設定した時刻に電子メールなどで予定を通知する機能やサービス。
2 思い出させてくれること。思い出させてくれるもの。思い出の品、記念品、形見など。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

リマインダーの意味①「インターネットを使って、あらかじめ設定した時刻に電子メールなどで予定を通知する機能やサービス。」

「リマインダー」の一つ目の意味は「インターネットを使って、あらかじめ設定した時刻に電子メールなどで予定を通知する機能やサービス。」です。

スケジュールや、やらなければならないことを忘れるのを防ぐための機能、サービスのことを言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・予定を忘れないためにリマインダー機能を使う。

・当日、リマインダーのおかげで忘れずにすんだ。

・サービス向上のために、リマインダー機能を入れる予定である。

スポンサーリンク

類語

備忘(びぼう)
意味:忘れたときのためにあらかじめ用意しておくこと。(出典:デジタル大辞泉)

アラーム
意味:警報。警報機。目覚まし時計。(出典:デジタル大辞泉)

リマインダーの意味②「思い出させてくれること。思い出させてくれるもの。思い出の品、記念品、形見など。」

「リマインダー」の二つ目の意味は「思い出させてくれること。思い出させてくれるもの。思い出の品、記念品、形見など。」です。

思い出させてくれることだけでなく、思い出の品などのことも「リマインダー」と言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・神話をはるかに越える大きさと意味において、暴力行為のほうを、コンスタントなリマインダーとして、残しておかなくてはいけない。
(出典:片岡義男『日本語の外へ(上)』)

・これは母親とのリマインダーである。

リマインダーを大切に守らなければならない。

スポンサーリンク

類語

記念品(きねんひん)
意味:ある出来事を記念する品物。(出典:精選版 日本国語大辞典)

形見(かたみ)
意味:過去を思い出させるもの。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました