リターンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リターン

「来た道をリターンする」などのように使う「リターン」という言葉。

「リターン」は、英語で「return」と表記します。

「リターン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リターン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リターンの意味

「リターン」には次の意味があります。

戻ること。帰ること。復帰すること。(出典:デジタル大辞泉)

「リターン」は戻ることや帰ることを意味しており、似た意味を持つ「Uターン」は車やバイクなどが道路上でUの形で戻ることを指します。
また「リターン」は投資などの分野でも用いられており、「期待される収益」や「収益率」という意味で使うこともあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ほとんどリターンするように向きを転じた。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウ・シリーズ(全13巻) 08B 悪霊都市ククル〔下〕』)

・ゆっくりと群れの中央まで移動し、そこで急にリターンして、上に向かう。
(出典:山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』)

・当然、それだけのリターンを求められているということになる。
(出典:西尾維新『伝説シリーズ 1 悲鳴伝』)

・集団戦はリスクを減少させ、またリターンを安定させるからな。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第2巻 -紅の暴風姫』)

・リスクとリターンをもう少し検討してみる必要はあるが、率直に言って私は興味を覚えた。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 7』)

スポンサーリンク

類語

引返し(ひきかえし)
意味:もとへ戻ること。(出典:デジタル大辞泉)

逆戻り(ぎゃくもどり)
意味:再びもとの場所・状態に戻ること。(出典:デジタル大辞泉)

帰還(きかん)
意味: 遠方から帰ってくること。(出典:デジタル大辞泉)

復帰(ふっき)
意味:もとの位置、状態にかえること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

返却(へんきゃく)
意味:もといた所に返すこと。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

タイトルとURLをコピーしました