リスペクトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リスペクト

「先輩をリスペクトする」などのように使う「リスペクト」という言葉。

英語では「respect」と表記します。

「リスペクト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リスペクト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リスペクトの意味

「リスペクト」には次の意味があります。

尊敬すること。敬意を表すこと。価値を認めて心服すること。(出典:デジタル大辞泉)

「先輩をリスペクトする」で、「先輩を尊敬する」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

リスペクトする先輩を前にタイムラグが生じてしまうという事態は、悲しいものだった。
(出典:西尾維新『花物語』)

・偶然の一致か或いは、元祖スマキンをリスペクトしているのだろうか。
(出典:入間人間『電波女と青春男 第08巻』)

・なので、私はTVスタジオで会った時、彼女に対してリスペクトを持って臨んだつもりだ。
(出典:中村うさぎ『屁タレどもよ!』)

・しかし彼の頑なまでに一貫したスタイルは「リスペクトに値する」そうで、憂夜さんの言うことはみんな素直に聞いている。
(出典:加藤実秋『インディゴの夜 全4話』)

・同じ指向の作品を最後まで仕上げた先達がいると知っては、リスペクトせずにはいられない。
(出典:虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』)

スポンサーリンク

類語

尊敬(そんけい)
意味:その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

崇敬(そうきょう)
意味:あがめうやまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

敬愛(けいあい)
意味:尊敬し、親しみの心を持つこと。(出典:デジタル大辞泉)

恭敬(きょうけい)
意味:つつしみ、うやまうこと。(出典:デジタル大辞泉)

敬服(けいふく)
意味:感心して尊敬の念を抱くこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました