リスキルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リスキル

「リスポーンキル」の略語である「リスキル」という言葉。

「リスポーン」の「リス」と「キル」を組み合わせた造語です。

「リスキル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リスキル」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リスキルの意味

「リスキル」には次の意味があります。

プレイヤーキャラクターが行動不能になると特定の復活地点に戻って復活(リスポーン)する仕組みの対戦型ゲームにおいて、相手がリスポーンしたら即座にその場で再び倒す、行動する隙を与えずに絶えず倒し続ける行為を指す俗な言い方。(出典:実用日本語表現辞典)

「リスキル」をわかりやすく言うと「倒し続けて復活させない」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

リスキルは時にマナー違反とされるときもある。

・スナイパーでリスキルを狙う。

リスキルされてリスポーン地点から出られない。

リスキルを狙って敵陣地に行き返り討ちに合った。

リスキルができないよう、リスポーン地点にバリアが追加された。

類語

スポーン
意味:コンピューターゲームで、プレーヤーキャラクターや他のキャラクターが登場すること。(出典:デジタル大辞泉)

リスポーン
意味:コンピューターゲームで、ゲーム画面中にプレーヤーキャラクターや他のキャラクターが再登場すること。(出典:デジタル大辞泉)

キル
意味:殺すこと。(出典:デジタル大辞泉)

死体蹴り(したいげり)
意味:対戦格闘ゲームの用語で、倒した相手キャラクターに、対戦終了後にさらに攻撃を加えることを意味する語。(出典:実用日本語表現辞典)

オーバーキル
意味:過剰殺戮と訳される。核保有国間の軍備競争が激化した結果,世界の全人口の殺戮に必要な破壊量以上に,核兵器が生産された状態をいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました