ユーティリティとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ユーティリティー

「ユーティリティソフト」などのように使う「ユーティリティ」という言葉。

英語では「utility」と表記します。

「ユーティリティ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ユーティリティ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ユーティリティの意味

「ユーティリティ」には次の意味があります。

OSやアプリケーションの機能や操作性を改善するためのソフトウェアの総称。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

「役に立つこと」「実用性」「有用性」「効果」などの意味もあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私はこのキチンの隣にありますあのユーティリティに入っていて、洗濯の準備をしていました。
(出典:片岡義男『道順は彼女に訊く』)

ユーティリティからすぐだし、陽当たりもいいので。
(出典:片岡義男『道順は彼女に訊く』)

・机の正面に窓があって、そこから下をのぞくと、ユーティリティ・ルームの天窓が見えた。
(出典:宮部みゆき『模倣犯-下』)

・さまざまな仕事で頻繁に使われるユーティリティーやプログラミング言語は、みなOSの上で使う形で整えられていた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

スポンサーリンク

類語

真価(しんか)
意味:本当の値うち。物や人のもつ真の価値や能力。(出典:デジタル大辞泉)

サービスプログラム
意味:OSやアプリケーションなどの、機能や操作性を改善するためのソフトウェアの総称。
(出典:デジタル大辞泉)

有用(ゆうよう)
意味:役に立つこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

有益(ゆうえき)
意味:利益があること。ためになること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

役に立つ(やくにたつ)
意味:その役目を果たすのに適している。その役割を十分に行う能力がある。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました