メロウとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

メロウ

「メロウな味わい」などのように使う「メロウ」という言葉。

英語表記では、「mellow」と書きます。

「メロウ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「メロウ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

メロウの意味

「メロウ」には次の意味があります。

・果物などが、熟しているさま。香りや甘みが豊かなさま。メローともいう(出典:デジタル大辞泉)

比喩的に音楽などに対して用いることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

メロウの使い方・例文

メローなシティー・サウンドの興隆に伴って、ロックから遠ざかったぼくなぞにとって、例えばザ・バンドのようなロックが、「お尻をたたいてくれるやつ」であったと思っている。
(出典:松平維秋『松平維秋の仕事』)

・起用した理由を山下は「こういうメロウな曲だと彼のトーンが合うかなって」と答えている。

類語

・快美(かいび)
意味:この上もなくこころよいこと。(出典:デジタル大辞泉)

・夢現(ゆめうつつ)
意味:夢と現実。(出典:デジタル大辞泉)

・陶酔(とうすい)
意味:気持ちよく酔うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・官能的(かんのうてき)
意味:性的感覚をそそるさま。(出典:デジタル大辞泉)

・夢心地(ゆめごこち)
意味:夢のようなうっとりとした気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました